インフルエンサーどっとこむ

今話題のインフルエンサー(YouTuber、インスタグラマー)が、これから社会でどんな活躍を見せるのか?気になるニュースをピックアップして掘り下げていきます☆

バーチャルYouTuberと中の人~誰でもバーチャルYouTuberになれる!

☆★ご訪問ありがとうございます★☆

インフルエンサーに関する話題をピックアップ!

引き続きバーチャルYouTuberの話題です。

 

前回はバーチャルYouTuberが何故急増しているのか、に触れました。

バーチャルYouTuberのチャンネル数は、2018年2月末時点でなんと500を超えています。

毎日新しいバーチャルYouTuberの名前を見るたび、筆者は疑問に思っておりました…

ですが知らなかっただけで、誰でも簡単にバーチャルYouTuberになれるツールが複数存在していたのです。

今回は中でも、よく知られているモノをご紹介します。

 

MikuMikuDance(MMD)

f:id:coffeebitterbetter:20180413155606j:image

ニコニコ動画に詳しい方はご存知かと思います。

MikuMikuDance、通称MMDは、VOCALOID初音ミクのグラフィックを思いのままに動かし、ダンス動画をつくれるフリーソフト

扱いやすく、容量の少ないノートPCでもスムーズに動かせるなどスペックも高いので、多くのニコニコユーザーがこのソフトで初音ミクのダンス動画をアップしています。

それも、もともとは一般の方がつくったソフトだというから驚き。

MMDをつかってバーチャルYouTuberをやるには、キャラクターの動きに合わせて音声をつけたり、どちらかといえば映像編集の力が試されます。

 

最初は初音ミクだけを動かせたMMDですが、徐々に他のVOCALOIDのモデルも配布され、今ではなんとバーチャルYouTuberのモデルも配布されているのです。

このモデルを使用するには様々な規約に則る必要はありますが、端的に言えば無料で誰でもキズナアイやミライアカリになれる、ということ。

因みにミライアカリのデザインは初音ミクのデザインを手がけたKEI氏。

mee2mee9.hatenablog.com

何やらご縁を感じます。

 

②にじさんじ

f:id:coffeebitterbetter:20180413155542j:image

公式HPによると、バーチャルアイドルになってライブ配信する新感覚アニメアプリ」

iPhoneXに搭載の「Animoji」をつかって、ユーザーの表情をアニメキャラクターに反映させることができます。

2018年2月には開発元のいちから株式会社が、公式バーチャルYouTuberとして8人のキャラクターを発表。

中でもサブカル女子高生委員長・月ノ美兎が人気急上昇中のようです。

www.moguravr.com

な、なんだかすごくコアな話題を繰り広げているような…?さすがサブカル女子高生。

アプリ自体は2018年4月現在は限定配信となっていますが、今後は一般向けにも配信される予定です。

楽しみですね。

 

③ホロライブ

f:id:coffeebitterbetter:20180413155512j:image

こちらは、アプリhololive(ホロライブ)を開発したカバー株式会社によるアプリ。

hololiveは、以前本ブログでも取り上げたバーチャルYouTuber、ときのそらがブレイクするきっかけとなったアプリです。

coffeebitterbetter.hatenadiary.jp

名前の読み方は同じでも、表記の違いで用途も異なっています。

バーチャルキャラクターのライブ配信を、ARをつかって現実の風景の中で楽しめるのがhololive。

かたや、自分がバーチャルYouTuberになりきることができるアプリがホロライブ、となっているようです。

ホロライブはiPhoneAndroidスマホのインカメラをつかい、自分の顔の動きをキャラクターに反映させる仕組み。

限定配信でiPhoneXにのみ対応しているにじさんじに比べ、より手にとりやすいアプリですよね。

これが何と無料でダウンロードできてしまうのです。

確かに誰でも簡単にバーチャルYouTuberになれますね。

開発元のカバー株式会社では、公式のバーチャルYouTuberの中の人も新たに募集中です。

④FaceVTuber

f:id:coffeebitterbetter:20180413155716j:image

世界で一番簡単にバーチャルYouTuberになれる?

それがこちら、FaceVTuber。

kai-you.net

アニメキャラのライブ配信を楽しめるホロライブや、バーチャルアイドルライブ配信するにじさんじは、もともとバーチャルYouTuberのためにつくられたアプリではありません。

ところがFaceVTuberはその名の通り、バーチャルYouTuberのためのアプリ

それゆえか余計な機能が一切なく、パソコンとGoogle chromewebカメラさえあれば、誰でも簡単にバーチャルYouTuberになれます。

 

しかもこちらのツールの良いところは、前述のMMDモデルを取り込むことができるという点。

スマホアプリではどうしても既存のキャラクターしか選べないのですが(髪の色などはカスタマイズできるようです)、

FaceVTuberではMMDで配布されている人気バーチャルYouTuberのモデルはもちろん、自分でデザインしたキャラクターを使うことができてしまうのです!

これは幅が広がりますね。

 

まとめ

急激なバーチャルYouTuber発展の背景には、より作りやすく、使いやすいツールの開発という支えがあったことに気付かされました。

因みに4月18日には、書籍も発売予定です。

www.moguravr.com

バーチャルYouTuberが日本のIT技術を加速させ、そのIT技術バーチャルYouTuber人気を加速させる…。

どこまで行くんだ?!バーチャルYouTuber

バーチャルYouTuberと中の人~なぜ人はYouTuberになりたがるのか

★☆ご訪問ありがとうございます☆★

 

インフルエンサーに関する話題をピックアップ!

すっかり更新が滞っておりました…

引き続き、バーチャルYouTuberの話題です。

 

「有名になりたい」のホンネ

近年、SNSの普及で、一般の人が有名人となっていくことが当たり前のようになってきました。

フォロワー数はその人の情報に価値があることの表れであり、フォロワー数が多いほどその人を知っている人も多いということ。

なのでフォロワー数を増やすのが、当面インフルエンサーへの近道と言えますよね。

ところで、実際のところインフルエンサーと呼ばれる人たちは有名になりたいのでしょうか。

ここに興味深い記事がありました。

www.msn.com

なんとインスタグラマーの約9割が「芸能界に興味あり」

ですが本気でなりたいと考えているのはそのうち3割ほどで、約7割の人は「ちょっとテレビに出られるくらい」などあまり積極的ではないようです。

フォロワーに愛されれば充分、ってところでしょうか?

テレビに出る=有名になる、の時代ではなくなっているのかもしれませんね。

 

YouTuberが盛り上がるワケ

テレビに出ること=有名になること、ではない。

じゃあなんで動画配信者のYouTuberになりたい人が増えているのか?というと、一番は「好きなことで稼げる」という点です。

 

ですがそこで稼ぐためにはフォロワー数、チャンネル登録者数が必須。

ということはやはりYouTubeで稼ぐには有名になる必要があるわけで、やっぱり「有名になりたい」という願望が根底にある気がします。

しかも芸能事務所という入り口で門前払いを食らう芸能界と違って、一般のファンから始まるわけですから、敷居も低いと言えます。

 

しかしながら有名になると有名税とでもいいますか、それなりのリスクもありますよね。

YouTuberも最近は物騒な事件が増えてきました。

sirabee.com

彼の場合はイケメン税かな…

 

そこでバーチャルYouTuberである

バーチャルYouTuberの勢いが止まらないのは、ここに要因がある気がします。

バーチャルYouTuberなら有名になっても自宅を特定されたりしないし、顔バレさえしなければ、街中を堂々と歩くことも可能。

芸能人が有名になればなるほどぶつかる壁を、難なくクリアしているわけです。

 

もっと面白いのが、顔バレしても人気が下がらない!

有名なのがのらきゃっとさん。ライブ配信中にうっかり顔バレしてしまった過去があります。

endia.net

可愛い猫耳キャラの中身が男性…!

普通に考えたらドン引きしそうですが、なんと登録者数は逆に増えていたそうです。

ファンののらきゃっとへの愛は、顔バレくらいでは揺らがなかった様子。

芸能人が不倫したり不祥事を起こせば謹慎になるのに、バーチャルYouTuberならエロ動画にでもしない限りは継続できるのも魅力でしょう。

 

まとめ

バーチャルYouTuberは可愛くてフォロワーも増やせる上に、隠れ蓑としても最適!ということのようです。

今後もどんな広がりを見せていくのか、楽しみですね。

 

バーチャルYouTuberと中の人~VTuberのライブ配信を考える

☆★ご訪問ありがとうございます★☆

インフルエンサーに関する話題をピックアップ!
引き続き、バーチャルYouTuberライブ配信の可能性を探ります。

さて、ちょいちょいお伝えしているように、バーチャルYouTuberやバーチャルSHOWROOMERの活躍はとどまるところを知りません。
3月18日には、バーチャルYouTuberのチャンネル数が1000人を超えたそうです!

日本のAR・VR技術恐るべしというべきか…これが日本のオタク文化の成せる業というべきか。

 

ところで、どうしてこんなにバーチャルYouTuberが流行りだしたのでしょうか?

筆者の憶測にすぎませんが、今回はその謎に迫ります。

 

理由①日本人のクリエイター気質

一番の理由はこれかな、と個人的に思っています。

数年前から流行っている初音ミクも、もともとは音声合成ソフト。

ãåé³ãã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

通常譜面をつくって楽器で音を当てるところを、人の声を当てられるようにしたのが、VOCALOIDシリーズです。

代表的なのは初音ミクですが、GACKT(っぽい)声の「がくっぽいど」、人気バンドSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseの声のモデルもあります。

 

これらをそのまま譜面に入力するとどうしても電子音声のようになってしまうのですが、調整を加えていかに自然に人が歌っているかのようにするか、に燃えたクリエイターが多数存在したわけですね。

そこから名曲もたくさん生まれ、アーティストとしてメジャーデビューした人も増え、多くの才能を発掘する結果となりました。

 

バーチャルYouTuberもこの延長なのでは、と思うわけです。

いかにアバターを本当の人間のように見せるか!という点が、多くのクリエイター魂に火をつけたのではないでしょうか。

 

理由②日本のオタク文化

日本のアニメや漫画が世界中で愛されるクオリティなのは周知の事実。

バーチャルYouTuberもアニメキャラや漫画キャラのひとつとして愛されているようです。

3月18日に大阪日本橋で行われたコスプレの祭典、『日本橋ストリートフェスタ2018』にもついにバーチャルYouTuberコスプレイヤーが登場したのだとか。

ãã­ãºãã¢ã¤ ã³ã¹ãã¬ãæ¥æ¬æ©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

コスプレイヤー、めざしさん:キズナアイ

ãã®ãããã ã³ã¹ãã¬ãæ¥æ¬æ©ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

コスプレイヤー、希林まおはさん:バーチャルYouTuberのじゃロリ狐娘

 

みんな可愛い女の子が好きなんですよね!

 

理由③某社の策略

バーチャルYouTuberブレイクのきっかけともいえるキズナアイ

それまでにもバーチャルYouTuberはいましたし、キズナアイも活動自体は2017年の2月から。

ですがバーチャルYouTuberが急に注目されるようになったのは、2017年の11月ごろです。

一体何が起きたのか…?

その答えが、こちらの記事で暴かれました。

ch.nicovideo.jp

何と…角川の謀略!!

角川でインタビューしたのがきっかけで、一気にブレイクしたようです。

インフルエンサーの広告効果が注目されていてもなお、大手企業は強いようです。

 

まとめ

バーチャルYouTuberが愛されるのは、やはりそのデザイン性。

日本だからこそ流行ったともいえるのかもしれませんね。

バーチャルYouTuberと中の人(ときのそら②)~VTuberのライブ配信を考える

☆★ご訪問ありがとうございます★☆

インフルエンサーに関する話題をピックアップ!

バーチャルYouTuberときのそら編後編であります。

前回はライブ配信がメインのVTuber、ときのそらについて簡単に紹介させていただきました。

 

coffeebitterbetter.hatenadiary.jp

 2018年3月にはチャンネル登録者数10万人を突破した、ノリにのっているときのそら。

今回は…いよいよ迫ります!

 

気になる中の人は…?

バーチャルYouTuberといえば、気になるのは「中の人」

実際に動きをしている人や声優さんを「中の人」と呼ぶわけですが、そこに関して様々な憶測が飛び交うのがバーチャルYouTuberの悲しい性。

ときのそらも様々な憶測が飛び交っています。

候補①友人A(えーちゃん)

ときのそらの親友であるというえーちゃん。裏主人公と目される、ときのそらチャンネルの立役者です。

たまにときのそら本人に無断で動画を投稿したり謎な行動が多いのですが、

チャンネルの登録者数13人の頃から、ときのそら本人とライブ配信を続けてきた、頼もしい仲間です。

 

面白いのはときのそらと2人でホラーゲームの実況をしている時。

えーちゃんはとにかく叫びます。

それがファンには面白かったらしく、えーちゃんの叫び声だけ集めた動画が存在するほど。

www.youtube.com

というか、2人でライブ配信しているわけなので、えーちゃんが中の人という可能性は低そうに思えます。

因みに動画の作成とアップはすべてえーちゃんで、ときのそらは撮影に参加しているだけ、なのだとか。

候補②カバー株式会社

ときのそらチャンネルは、カバー株式会社という会社が運営しています。

cover-corp.com

AR(拡張現実)とVR(仮想現実)の技術を組み合わせることで、日本のコンテンツを世界中に広げるという目的のもとに運営している会社です。

さらにはそうした仮想空間を通じて、遠くにいる人とリアルなコミュニケーションをとれるようになることを目指しているのだとか。

そんなカバー株式会社さんが運営しているときのそらチャンネル。

もしかして声は女性社員が担当しているのでは?という意見もあるのですが…

f:id:coffeebitterbetter:20180315183907p:plain

 

出典:カバー株式会社の会社情報 - Wantedly

あれっ…?!男性しかいない…?

もしや、中の人って男性??

と、思いましたが、コチラはこのサイトに登録しているメンバーの統計でした。

のじゃロリさんみたく男性がバーチャルYouTuberをやっている例の方が多いことは事実ではありますが…

 

やはり動画の内容やツイッターのコメントから、中の人は現役JKだったら良いなあと思わずにはいられないのでした。

カバー株式会社の皆さん、スミマセン。

 

まとめ

結局のところ、ときのそらの中の人のことは今のところわからずじまいです。

明かされて欲しいような明かされて欲しくないような。

でも、これを想像するのもバーチャルYouTuberの楽しみかもしれませんね。

 

そして知れば知るほど、ときのそらの人気とバーチャル技術のすごさに驚きました!

これはもう…ときのそら、ライブコマースできちゃうのでは?

バーチャルYouTuberと中の人(ときのそら①)~VTuberのライブ配信を考える

☆★ご訪問ありがとうございます★☆

 

インフルエンサーに関する話題をピックアップ!

前回は突如降って沸いたバーチャルSHOWROOMERをご紹介しました。

coffeebitterbetter.hatenadiary.jp

ライブコマースもバーチャルな時代になるかも、という話題の矢先に、ライブコマース導入で有名なSHOWROOMがまさかのバーチャルSHOWROOMER採用!

(しかもカワイイ)

ライブコマース関連の話題に注目してきた筆者としては、見逃せない事態でもあります…!

 

ところで生配信がメインのSHOWROOMに比べ、編集動画中心のYouTubeではあまり生配信を見かけない気がします。

ライブ配信は生の人間がやってもそれなりに負担がかかること。

それをバーチャルYouTuberでやるとなると、継続的には厳しいのでは?と思っていました。

ですが、YouTubeにも毎日ではなくとも、既に定期的にライブ配信している猛者がいたのです。

今回はそんなときのそらちゃんを大特集。

ときのそらとは

www.youtube.com

・リアルタイム配信が中心の女子高生。

・ファンのコメントやお便りから広げるトークで、ファンとのつながりを大切にしている。

スマホ向けとはいえ、クイズ番組の司会もこなしている。

 

ライブ配信で有名なバーチャルYouTuberが彼女。

年始の生放送では投げ銭61万を獲得する人気ぶりです!

(注:投げ銭とは、YouTubeにおけるファンファウンディング機能のこと。路上のパフォーマーにお金を払う行為から転じて、放送中にファンから支払われる支援金)

キズナアイ親分とバーチャルYouTuber四天王に次ぐ勢力(?)として有望視されているとかいないとか。

実はいろいろ先取りしている

前回の記事で「キズナアイ冠番組で外ロケするかも」という話題も出しましたが、ときのそらはそれも既に先取り。

彼女はもともとライブ配信アプリ、hololive(ホロライブ)で有名になったキャラクターです。

ホロライブでは、ARを使って現実の風景の中にバーチャルキャラクターが存在できるのです!

「ホロライブ」の画像検索結果

ポケモンGOの人間バージョンといったところでしょうか。

番組司会もこなしていますし、キズナアイ親分はときのそらに色々学んだ方が良いのでは。

さて、そんな素敵なときのそら、中の人は一体誰なのか?!

気になりますよね。

後編に続きます!

遂に登場!バーチャルSHOWROOMER~VTuberのライブ配信を考える

☆★ご訪問ありがとうございます★☆

インフルエンサーに関する話題をピックアップ!

ここのところ巷で話題のバーチャルYouTuberについて書いています。

キズナアイのニュースを見ていたら、こんな記事がありました。

hakuraidou.com

バーチャルYouTuberがライブコマースで活躍する日が来るのでは?!という予測。

これがですね…

実現してました。

「東雲めぐ」の画像検索結果

その名も…

バーチャルSHOWROOMER東雲めぐ!

バーチャルSHOWROOMERとは?

芸能人をはじめとしたインフルエンサーと仮想空間でつながることのできるアプリ、SHOWROOM。

ライブコマースの話題が出始めた当初、早く取り入れたアプリとしても話題になりました。

過去記事でも紹介しています。

coffeebitterbetter.hatenadiary.jp

 

そこでライブ配信をしているインフルエンサーSHOWROOMERと呼んでいるんですね。

活動場所がSHOWROOMなだけで、YouTuberと同じようなもののようです。

そのバーチャルバージョンが、バーチャルSHOWROOMER

その第一弾が彼女、「東雲めぐ」ちゃんというわけです。

「東雲めぐ」の画像検索結果

ふむふむ。

実は「中の人」を募集していました

コチラの東雲めぐ、実は2018年1月から「中の人」を募集していたんです。

www.showroom-live.com

女児向け番組「うたっておんぷっこ♪」のキャラクターとしてデビューするとのこと。

この募集を見た時、筆者は正直ぴんと来ませんでした。

だってバーチャルのキャラクターですよ?

確かに可愛いかもしれないけど、ライブ配信の醍醐味はそこではないでしょ?と思ってしまう。

実際に有名人が使っている、オススメしているから買ってみたい!というのが本質なのに…

それに、SHOWROOMはYouTubeほど登録者数が多いわけでもなし。(YouTubeは登録してなくても見られますが、SHOWROOMは登録しないと動画は見れません)

正直、応募があんまり集まらないか、うまくいかないと思っていました。

気になる結果は?

そんなバーチャルSHOWROOMER、気付けば3月1日に配信されていました

いつのまにやらYouTubeチャンネルまでできてるーーー!!

www.youtube.com

しかも、かなり好評です。

SHOWROOMではSHOWROOMERに対し「ギフト」をプレゼントできるという課金制度に近いものがあるのですが

YouTubeで言うところの投げ銭?)

バーチャルSHOWROOMER東雲めぐにギフトをあげると、リアルに画面の中に降ってくるんですね!

f:id:coffeebitterbetter:20180306183955p:plain

(通常のギフト画面)

「東雲めぐ ギフト」の画像検索結果

(東雲めぐのギフト画面)

なるほど?と思ってちょっと見てみました…

・・・

確かに可愛い。

コレは…確かに課金してしまうかも。

残念ながら「中の人」は誰なのか明かされていないのですが、ネットの反応を見ると滑り出し好調!という感じです。

3月1日に配信開始なので再生数はまだまだですが、そもそも生配信するバーチャルキャラクターは少なめ。

乱立するバーチャルYouTuber界に一石を投じることになるか?

バーチャルYouTuberキズナアイのテレビ進出で何が変わるか

☆★ご訪問ありがとうございます★☆

インフルエンサーに関する話題をピックアップ!

引き続き、バーチャルYouTuberの話題に触れていきます。

 

キズナアイ冠番組とは

www.youtube.com

バーチャルYouTuberキズナアイについては前回の記事で簡単にまとめてみました。

【1分でわかる!】バーチャルYouTuberとは何なのか - インフルエンサーどっとこむ

気になる冠番組の概要は以下の通り。

 

番組名:キズナアイのBEATスクランブル

時間:毎週木曜 深夜0時~0時30分

提供:BS日テレ

 

肝心の内容は大まかにしか明かされていませんが、キズナアイが様々なジャンルで世間を揺るがしているもの、揺るがしていきそうなものを紹介していくとのことです。

ネットでは「クリエイター対談?!」「まさかの外ロケ?!」と騒がれていますが果たして?

 

詳しい知識はないのですが、ポケモンGOもAR使ってたし、外ロケもありそうだなと個人的に予測。

f:id:coffeebitterbetter:20180302161858j:image

バーチャルYouTuberが現実世界に飛び出す日は近いかも?

 

テレビ進出のメリットは?

本人いわく、BS日テレからアツいオファーがあったとのこと。

実際にプロデューサーさんのコメントがこちらの記事に載っています。

mantan-web.jp

ちょっと毒舌で金勘定にうるさいところが心配って。。(笑)

タレントを起用するよりコストが安いからでは、と邪推する人もいるようですし、キズナアイもそれを危惧しているのかもしれませんね。

最近ではあのHIKAKINさんもちょくちょくテレビに出るようになりましたし、テレビとしてはネットインフルエンサーの力を借りたいところなのでしょうか。

 

ネットの反応は…

そんなテレビの思惑に反し、ネットでも様々な反応が見られますが、何かこう…ネット発信だからですかね?

テレビ進出をよく思わない人も多いような…

よくアイドルファンとかにある「絶対見る~~」という好意的な反応は少ない気がします。

twitter.com

また、ネットよりテレビの方が優位であるような風潮を懸念する声も。

twitter.com

言われてみれば似たようなモノかも…

ネットが主流になったとはいえ、テレビが表、ネットが裏という構図は変わらない気がしますね。

中にはキズナアイの声がテレビで万人の耳に届くことを別の意味で心配する声も。

twitter.com

 

まとめ

 

キズナアイ自身もCMに出るのが目標と言っていましたし、かつてはテレビに出ることが有名人の指標みたいなものだったでしょう。

今でもそれはありますが、いつのまにかネットの世界もテレビと同等の影響力を持ち、ネットインフルエンサーがテレビに影響を与える時代がきているのかもしれませんね。

 

ですが深夜帯とはいえ、テレビ進出することでネットに疎い人の目にも触れる可能性が増えるのも事実。

キズナアイの番組が成功すれば、ネットとテレビの勢力図が張り替わるかも?!